スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2   

第二回 闇鍋プログラミング勉強会 に行ってきました //12/10/06 追記

足のすり抜けについて2012/10/06に追記しました

"闇鍋プログラミング勉強会"といういかにもな感じの会で発表をしてきました。
詳細は http://atnd.org/events/29973

僕は「UnityとnodeとMMDと」ということで、MMD for Unityの使い方がメイン(のつもり)で発表してきました。

詳細や補足は続きへ。

スライド:http://www.slideshare.net/sters/unitynodemmd-14295799


スライド内容に関して補足・追加をしますと、
・スライドのフォント
ゆたぽん コーディングをメインに使ってます。
ゆるふわ~な感じにしつつも読みやすそうなフォントで。ソースコードのあたりはメイリオUIです。
socket.ioの説明でHG明朝使っているのはかっこいいイメージ出したかったんです(ぇ

・npm
"npm install -g ほにゃらら"としてグローバルに入れたものは、"npm link ほにゃらら"でカレントのプロジェクトにリンク貼ってくれます。

・PMDImporterでrigidbodyにチェックを入れてあると、剛体の計算をするようになる。
生成されたオブジェクトにくっつくMMDEngineスクリプトにより、設定された特定の剛体と特定の剛体の衝突を実行時に無視するようにしています。
PMDImporterのソースを読んでいないので、どのように設定されているかは不明です。

・説明に使った霊夢モデルには新旧ある。
説明では旧モデルを使用。新モデルではスカートのcolliderが凄まじいことになりました。
どうやらスカートの他の部分と衝突しているらしく、棒立ちさせていてもぶわわわっと。上記の無視する設定がなっていない??

・足のスカートすり抜けはあれこれいじるとよくなる
足側のisKinematicを外して、FixedJointにして、Colliderの検知をContinuousにすると少しよくなります。
またはスカートを足の中にいれた子オブジェクトにして、Kinematicにするとかですかね。
MMDEngineで無視する一覧を表示するも、右足と右スカートは特になかったりしたので無視されているわけではないかも。
(モデルによりけりな気もする)

このあたりはアニメーションやCollider、RigidBodyのドキュメントや設定をみたらなにか見つかるかもしれません。と思ってスライド書いているときにあれこれ見てたんですが、どうも納得するものがないなーと。以前の豆投げのときはどうやって解決したんだろうか。


---12/10/06 追記---
ごめんなさい、アニメーションのAnimate Physicsにチェックをつけると多分抜けなくなります!
Unityのアニメーションは物理法則無視?で動くようで、アニメ中はスクリプトからいじろうとしても上手く弄れなかったりするみたいです。今やっているものが回転云々でアニメーションとスクリプトとでごにょごにょしてるのですが詰まっている感が…
---追記ここまで---

・表情はちょこっと使える
できたモデルのExpressionオブジェクトの中にあるものから、出したい表情のlocalなz軸を1~に設定すればいいようです。
表示の複合?とかうまく出来てなかったり、同じシーンに同一メッシュのオブジェクトがあるとそっちも変化してしまったりするみたいです。

・Lat式ミクさんよく見たら剛体の位置がメッシュと合っていないので使い物にならない感。
ちゃんと表示できたよ!というのをどこかで見た気がするので、多分表示できる。多分。。

・pmdエディタじゃなくて、pmxエディタを使うとちゃんと変換できるかも。
ミクダヨーはそこそこうまく変換できたけど、Tda式ミクさんは材質設定が吹っ飛びました。再設定しようにもよくわからん。いや多分設定できると思うけども・・・
ただしpmxエディタはx64に限る。Windows7x86では起動しませんでした。

・短縮URLをyaminabe2にした
そのためにいくつか短縮サービスを探しました。。
bitlyでもログインすればできるんだっけ

・テスト段階のものですけどデプロイしたのでみなさん繋いでみましょう。
と持っていきたかったのですが、会場の回線がちょっと弱かったので断念。
・・・今思えば「回線があれなので2,3人でちょっとやってみましょう。協力してくれるかたおねがいしまっす!」といって僕(スクリーン)+2,3人で実演すればよかったですね。かなしみ
ってそれ、誰か質問タイムで「みたいんですけどー??」と投げてくださいよー(無茶

・デプロイ先
dotcloud という無料でも使えるPaaSです。herokuでも良かったんですが、そっちは計算くんbotが常駐していて無料枠が・・・
dotcloudの使い方云々はブログに書いてあります・・・と思ったんですがdotcloudのサービス比較?は書いてあるのですが、始めかたは書いてなかったので、発表ではここんとこいいませんでした。こんど書きます。

・MFUの使い方
近いうちにスライドからブログ記事に書き写し+あるふぁでもします

・Unity <--> ブラウザ
ExternalCallやらSendMessageでできますが、これのパフォーマンスがどんなもんかわからないですね。
それこそ内部で呼ぶのとまったく変わらないのであれば、積極的に使っていけそうです。が、かなり遅いということになればリアルタイムなねとげを作るということには向かなそうです。

・デプロイしてあるものについて
socket.ioで同期とっているはずなので、複数人で接続するとなんかうおおおおおってなるかもしれません。しばらく残しておくつもりなので、気になるかたは複数接続してみてください。できなかったらごめんなさい・・・
矢印/WASDで移動、マウスドラッグで視点ぐるぐるできます
同期こそしてありますが、補正はいれてないのでガックガクです。また、ネトゲでよくあるチート対策?のようなものは一切していないので、流れるデータを変更してあげるといろいろできるかもしれないです。このあたりの対策ってどうやるんだろうか・・・
あと、socket.ioへの接続はUnity側でExternalEvalしてあります。その中でsocket.onしてUnityに座標やアニメーションのデータを投げています。こうすることでクライアント側のjsコードは隠せます。何かみれる方法とかあったりするのかな

チャット機能を闇鍋当日の朝につけようとしていたのですが、デプロイまでは間に合わず…
地形もなんとかしたいですし、キャラも増やしたいですし、いろいろとちゃんとできたら更新します。そのときはツイッター・ブログで告知します。


他の発表について
スライド一覧はこちら -> http://d.hatena.ne.jp/krustf/20120916/1347779437

個人的に気になったのは、ngx_small_lightとかJavascript書きたくねーよとかのあたりですね。
ngx_small_lightはApacheのmod_small_lightをnginxに移した、というものでリクエストするだけでサムネイル作れるなんて素敵!リサイズ、枠付け、フォーマット変換などなど、出来るようで。
・・・そもそもnginxそんなに触ってないし、まずはApacheのほうのmod_small_lightからちょっと触ってみましょうかw

JavaScriptに持っていけるのってたくさんあるんですね・・・
CoffeeとLive、HeXaとJSXあたりは聞いたことありましたが、他にもたくさんあるようで…
ただまあ、マイナーなものになってくるとドキュメントがあれだったり実装がうーんだったりとかするようなので気をつけましょう。

最後の集合知に関しては色々と考えさせられるもので、最後にふさわしい発表発表だったなーと思います。
ネットに転がっている、というが誰かが意識を持って活動しているわけで。なるほどね。
ふーむ・・・なるほどね。うん、今後もがんばっていきましょう!

web拍手 by FC2   

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

STERS's Development Room

STERSの開発室っぽい何か。


プロフィール

Name:STERS
Unity3D/C#/PHP/js/C++/VB
などを勉強中です

[STERS's Room]
[ファイル置き場]

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
ブログ内Google検索
Google
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。