スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2   

[RGSS]オブジェクトフェード

使い方は → こちら

[RGSS]オブジェクトフェード
Sprite、Windowなどopacityが定義されているオブジェクトのフェードができます。

スクリーンショット サムネイルクリックで拡大画像が見られます。


プログラムは続きにあります。

=begin
===============================================================================
 ☆★☆★☆★☆★ オブジェクトフェード ★☆★☆★☆★☆
=============================================================================== 

 製作・開発:STERS

  Page::http://stersblog.blog15.fc2.com/

導入方法------------------------------------------------------------------

    このスクリプトを Scene_Debug より下 Main より上に
   新しく作ったセクションにコピペして入れてください。
    
--------------------------------------------------------------------------

これを導入することで
オブジェクトのフェード
(ウィンドウとかスプライトとか。)
ができるようになります。

使い方--------------------------------------------------------------------
1.まずはこのスクリプトを導入してください。

2.オブジェクトのフェードをしたいクラスの先頭に、
    include Fade_Obj
                        と記述してください。
                        
3.オブジェクトのフェードを行う場面で、
       fade_obj(obj1, obj2, speed)
                                     と記述してください。
      obj1:配列で、消すオブジェクト。
      obj2:配列で、出現するオブジェクト。
      speed:省略時は40。トランジションのスピード。

--------------------------------------------------------------------------
=end
module Fade_Obj
  def update
  end
  def fade_obj(obj1=[],obj2=[],speed=40)
    for i in 0...speed
      obj1.each{|a|
        next if a.defined?(opacity) == nil
        a.opacity -= 255 / speed
      }
      obj2.each{|a|
        next if a.defined?(opacity) == nil
        a.opacity += 255 / speed
      }
      Graphics.update
      Input.update
      update
    end
  end
end


web拍手 by FC2   

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

STERS's Development Room

STERSの開発室っぽい何か。


プロフィール

Name:STERS
Unity3D/C#/PHP/js/C++/VB
などを勉強中です

[STERS's Room]
[ファイル置き場]

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSリンクの表示
ブログ内Google検索
Google
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。