スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2   

[RGSS]Game.iniファイル解析

使い方は → こちら

[RGSS]Game.iniファイル解析
「ゲーム独自のオプション」が作れます。

スクリーンショット サムネイルクリックで拡大画像が見られます。


プログラムは続きにあります。

=begin
===============================================================================
 ☆★☆★☆★☆★ Game.iniファイル解析 ★☆★☆★☆★☆
=============================================================================== 

 製作・開発:STERS

  Page::http://stersblog.blog15.fc2.com/

導入方法------------------------------------------------------------------

    このスクリプトを Scene_Debug より下 Main より上に
   新しく作ったセクションにコピペして入れてください。
    
--------------------------------------------------------------------------

これを導入することで
Game.iniファイルの中身を解析
できるようになります。

使い方--------------------------------------------------------------------
1.まずはこのスクリプトを導入してください。

2.解析するときに
    ini_scaner(value) と記述してください
      value:Game.iniの「=」の左側の文字

    戻り値は、value が存在すれば「=」の右側を返します。
                      存在しなければ、nil を返します。

--------------------------------------------------------------------------

これを使うと「Game.ini」に独自で項目を追加して、
プレイヤーに設定をさせるといった事が可能になります。

つまり「ゲーム独自のオプション」が作れます。

--------------------------------------------------------------------------

ファイル内の行の先頭に「;」があるとその行をコメントとみなします。

また、[GAME]のようなタイトル(?)も無視します。

--------------------------------------------------------------------------
=end
module Kernel
  def ini_scaner(value="")
    a = []
    File.open("Game.ini","r"){|f|a = f.readlines}
    c = {}
    a.each{|b|
      next if b =~/\;/ or b =~/\[/
      c["#{b.sub(/=.*/m,"")}"] = b.sub(/.*=/,"").sub(/\n/,"")
    }
    return c[value]
  end
end
# 下のはテストです。
#
#  =begin と =end を消してみてください。
=begin
print(ini_scaner("TITLE"))
=end

web拍手 by FC2   

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

STERS's Development Room

STERSの開発室っぽい何か。


プロフィール

Name:STERS
Unity3D/C#/PHP/js/C++/VB
などを勉強中です

[STERS's Room]
[ファイル置き場]

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
ブログ内Google検索
Google
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。